オバマ大統領、デヴィッド・ベッカムをネタにジョーク連発

ハリウッドニュース / 2012年5月16日 10時45分

バラク・オバマ大統領、デヴィッド・ベッカムをネタにジョーク&祝福 (c)Hollywood News

オバマ大統領が、優勝祝いでホワイトハウスに招待されたデヴィッド・ベッカムらMLS(メジャーリーグサッカー)の「ロサンゼルス・ギャラクシー」の選手たちの前で、爆笑を誘うジョーク発言をした。

ロサンゼルス・ギャラクシーは、昨年の11月にMLSカップ決勝でヒューストン・ダイナモを下して、優勝していた。オバマ大統領は、ホワイトハウスに招待された同チームの選手たちに対して、祝福の言葉を贈った。

オバマ大統領は、「このチームには新人のデヴィッド・ベッカムという男がいる。僕は彼にチームメイトたちは彼の子供の年齢だとさっき言ったんだ。デヴィッド、僕たちは年をとったなあ。君は僕よりも頑張っているけどね」と、37歳のデヴィッドに対して笑いながら言った。

さらにオバマ大統領は、「昨年デヴィッドは36歳にして、15のアシストを決め、MLSで最高の年を送った。彼は、背骨にヒビが入り、ハムストリング(筋肉)を負傷しても試合に出るタフな男であると同時に、自分の下着ブランドを立ち上げている。デヴィッド・ベッカムはそんな男なんだ」と、移籍5年目にして初のMLSカップ制覇となったデヴィッドを讃えると同時に、彼をジョークのネタにして笑いを取ることを忘れていなかった。

オバマ大統領のありがたいスピーチに、デヴィッドら選手たちはさらに頑張ろうという気持ちになったにちがいない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング