リンジー・ローハン、エリザベス・テイラー役は“ギャラ無し”の覚悟だった

ハリウッドニュース / 2012年11月16日 11時10分

エリザベス・テイラーさんを演じたリンジー・ローハン (c)Hollywood News

女優のリンジー・ローハンが、女優復帰作であるテレビ映画「Liz and Dick」(原題)で出演料をもらわなくてもいいから出演したいと話していたことが分かった。

近年逮捕や交通事故などで世間を騒がしていたリンジーは、この映画で女優の故エリザベス・テイラーさんを演じ、女優として復帰を果たした。しかし、リンジーはこの役をもらうために「ギャラ無し」の覚悟をしていたのである。

リンジーは現地時間14日に行われた同映画の上映会の質疑応答で、「私は初め、役をもらえなかったの。私は事務所に電話して、しつこくせがみ始めたのよ。だって、人々は私を起用するのをためらっているって思ったの。それは理解できたわ」と語った。

さらに「私は実際に『私はタダで出演するわ』って言ったのよ。でも、私の事務所は『ダメ、ダメ、ダメ、そんなこと言わないで』って言ったわ」と語った。

リンジーは女優復帰をするためにこの映画にかける思いはかなり強かったようだ。アメリカで今月25日に放映するが、彼女の復帰作だけに多くの人が注目している。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング