ロバート・ダウニー・Jr.、『アイアンマン3』の撮影中に足首をけが

ハリウッドニュース / 2012年8月17日 10時20分

俳優ロバート・ダウニー・Jr.、撮影中に足首にけが (c)Hollywood News

俳優のロバート・ダウニー・Jr.が、自身が主演の映画『アイアンマン』シリーズの最新作『アイアンマン3』(原題・日本公開未定)のスタントの撮影中に足首をけがしたことが明らかになった。

「Us・ウィークリー」誌によると、ロバートはアメリカ時間8月15日、米ノースカロライナ州で行われていたスタントの撮影中に足首にけがを負ったのだ。マーベル・スタジオの代表者は、「ロバートのけがは軽傷で、撮影スケジュールが少し遅れることになります」と同誌に語った。

同最新作は、5月23日から撮影が開始されており、全米公開は2013年5月3日を予定している。本作は、映画『リーサル・ウェポン』(87)の脚本を担当したシェーン・ブラックが監督としてメガホンを取る。

スーパーヒーローを演じているロバートを世界中のファンが心配していることだろう。ロバートが早く撮影に戻れることを祈るのみである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング