クリスチャン・ベール、私生活で娘のためにバットマンになる

ハリウッドニュース / 2012年7月17日 17時35分

クリスチャン・ベールが演じているバットマン (c)Hollywood News

『バットマン』シリーズのイギリス人俳優のクリスチャン・ベールが、私生活で7歳の娘のエマリンちゃんのためにバットマンなって喜ばせていると話している。

まもなく『ダークナイト ライジング』(7月28日日本公開)が公開される同映画で主役のバットマンを演じるクリスチャンは「デイリー・ミラー」紙に、「娘と彼女の友達を、バットマンの声をやってバットマンのふりをしながら追いかけ回すと喜ぶんだ」と語った。

さらに「彼女は僕のバットマンの声が大好きなんだけど、僕のイギリス訛りの英語を未だにからかうんだ。一定の年齢を過ぎると何をしても(訛りは)抜けないんだと思うよ」と話している。エマリンちゃんは父親とは違い、カリフォルニア州のサンタモニカで生まれ育っている。

また、「娘はバットマンの声がとてもおかしいから大好きなんだよ。どの映画も見られる年齢ではないから、まだ作品を見たことがないんだ。でも、写真は見たことがあるし、撮影現場にも来たことがあるんだよ」と明らかにしている。

人気シリーズのバットマンを私生活でやってもらっているエマリンちゃん。世界中のバットマンファンがエマリンちゃんをうらやましがっていることはきっと大人になって気づくだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング