リアム・ヘムズワース、ジェニファー・ローレンスとのキスは気持ち悪かったと語る

ハリウッドニュース / 2014年11月17日 12時0分

『ハンガー・ゲーム』シリーズに出演しているリアム・ヘムズワースとジェニファー・ローレンス (c)Imagecollect.

俳優のリアム・ヘムズワースが、女優のジェニファー・ローレンスとのキスシーンについて語った。

リアムとジェニファーは映画『ハンガー・ゲーム』シリーズに出演しており、リアムは現地時間14日に同映画の3作目『The Hunger Games:Mockingjay Part1』(原題、11月21日全米公開)のプロモーションでトーク番組「The Tonight Show With Jimmy Fallon」に出演した。

リアムはファンからのQ&Aで最もぎこちないシーンについて質問されると、「ジェニファーとキスしなくてはいけない時は、かなり心地が悪かったよ」「外から見たら、良く見えるさ。彼女は僕の親友の1人で、彼女が大好きだよ。でも、僕たちはキスシーンがある時に彼女はにんにくを食べたり、ツナフィッシュとか、何かムカツクものを食べたりするんだ。シーンの直前に彼女は『そうよ、私はツナを食べたわ』とか『にんにくを食べて、歯を磨いてないわ』とか言うんだよ。それで僕は『ファンタスティック! そこ(撮影セット)に行って、味わうのが待てないよ!』って(皮肉を)言うんだ」と話している。

ロマンチックであるはずのキスシーン。しかし、リアムはそんな気持ちではなかったようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング