サンドラ・ブロックが全裸で人気トーク番組に登場

ハリウッドニュース / 2012年10月17日 10時55分

トーク番組で全裸を披露したサンドラ・ブロック (c)Hollywood News

女優のサンドラ・ブロックがアメリカ時間10月15日に人気トーク番組「チェルシー・レイトリー」の冒頭で流れたビデオクリップに全裸で出演したことが話題になっている。

コメディアンのチェルシー・ハンドラーが司会を務める同番組は、2007年の7月16日に放送開始となって以来、若い女性を中心に人気を集め、高視聴率を取る人気番組へと成長し、15日にユニバーサル・スタジオ内にある新たなスタジオでの記念すべき撮影初日を迎えたのであった。

番組の冒頭で流れたビデオクリップは、チェルシーが新たなスタジオのシャワー室で全裸でシャワーを浴びていると、同じくシャワーを浴びに来た全裸のサンドラが彼女に厳しい忠告を与えるという笑える内容のスケッチ・コメディーになっていた。

サンドラがチェルシーに、「白いオプラ(・ウィンフリー)と自分を呼ぶのはやめたほうがいいわ」と言うと、チェルシーは、「私はそんなこと言ってないわ。セルビア版の『ヴォーグ』誌で発言が間違って引用されただけよ」と言い訳をする。するとサンドラは、「だまりなさい! あなたは尊敬されるトーク番組の司会者になる義務があるの。このアドバイスはオプラの口から私の耳へ伝わり、私の口からあなたの口へ、そしてあなたの体内を下り、あなたのヴァギナから私のヴァギナへ入っていき、私のオシリから出て来るのよ」とまくしたて、チェルシーを当惑させる。

サンドラはまず彼女に、「酒を飲むのを控えなさい」とアドバイスをする。チェルシーが、「昔ほど飲んでいないわ」と答えると、すぐにサンドラは、「私に口答えをしないで! 私に口答えをするということは、オプラに口答えをするということよ」とキレ気味に言い、「番組のゲストと寝るのはやめなさい。私があなたの番組に出ないのは、あなたと寝たくないからよ!」と2つ目のアドバイスを彼女に与えた。チェルシーが、「私は昔ほどはゲストと寝なくなったわ。ただ何人かのラッパーと寝ただけよ」と自虐ネタ(チェルシーはラッパーの50セントと噂になったことがある)とも言える返事をすると、サンドラは彼女にビンタして、「あなたはすべての女性にとってのインスピレーションになれる可能性があるのよ」と彼女にエールを送ったのであった。

48歳のサンドラと37歳のチェルシーは、胸と局部はモザイクでぼやかされていたが、それでも体のラインがくっきりと見える全裸でこのスキットに挑んでいた。どうやらサンドラは、同番組の新たなスタートを祝い、友人であるチェルシーを応援するために、一肌脱いだようだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング