ヒュー・ジャックマン登場!『ウルヴァリン:SAMURAI』ロンドンプレミア

ハリウッドニュース / 2013年7月18日 6時5分

ヒュー・ジャックマンら『ウルヴァリン:SAMURAI』の主要キャスト (C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ハリウッドが生んだ最も過激なヒーロー、ウルヴァリンの世界待望の最新作『ウルヴァリン:SAMURAI』の9月13日の日本公開に先駆けて、現地時間の16日にロンドンプレミアが開催された。

全世界注目のこの話題作のプレミアのため、30度近い暑さの中、ロンドンの中心街、レスター・スクエアに長大なレッド・カーペットが用意され、世界中から集まった200名を越えるマスコミと、3000人の観客が見守る中、18時ごろから続々と主要キャスト&スタッフが到着する。

ウルヴァリンを演じることがライフ・ワークとも言えるヒュー・ジャックマンが登場し、映画の中でのタフ・ガイぶりとはうってかわったファン・サービスを披露。
そして、日本を代表する国際派スターの真田広之。爪と刀の戦いでアクション映画の新たな歴史を切り開いた二人がレッド・カーペットで再会。さらにハリウッド・デビューとなる二人の日本人トップモデル。ウルヴァリンと恋に落ちる“運命のヒロイン”を演じたTAO、ウルヴァリンの相棒として数々の死地を乗り越えるユキオ役の福島リラ。ヒュー・ジャックマンと映画の最大のアイコンでもある3本爪のモニュメントの前でヒューと3人でフォトセッションを行うなど、ロンドンのレッド・カーペットでもハリウッド×日本のケミストリーが発動した。

レッドカーペットでヒューは、富士山が世界遺産に登録されたことについて、「これまで登録されていなかったというのが驚きだ。すばらしいモニュメントであり、壮大な自然の一部だ。富士山はこれまで、日本中、そして世界中の数多くのアーティストたちを魅了してきた。だからこそ、このような形で保護されると聞いて嬉しいよ」と語ってくれた。

ジェームズ・マンゴールド監督が「日本に敬意を表する映画となったと思う」と語るように日本人必見の本作は、9月13日より日本公開となる。

『ウルヴァリン:SAMURAI』
9月13日(金) TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
公式サイト:wolverine-samurai.jp
facebook:www.facebook.com/WolverineJP
twitter:@Wolverine_JPN
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング