レディオヘッド、セットが崩壊で死傷者4人の大惨事に

ハリウッドニュース / 2012年6月18日 14時30分

レディオヘッドのボーカルのトム・ヨーク (c)Hollywood News

イギリスのロックバンド「レディオヘッド」が、現地時間16日にカナダのトロントでコンサートを行う予定だったが、セットが崩壊し、死傷事故が起きて公演は中止となった。

この日、トロントのダウンズビュー・パークで同バンドの野外ライブが行われる予定であったが、コンサートが始まる1時間前の午後4時ごろに、鉄骨のステージセットが崩れ、コンサートの準備をしていた数人の上に落下した。この事故により、1人が死亡、3人がけがを負い、そのうち1人が重傷だという。また、この日の天候に問題はなかったそうだ。

この事故により、公演は中止。同バンドの公式ホームページで、「予期せぬ出来事により、ダウンズビュー・パークでのレディオヘッドの公演は中止となりました」と発表された。

さらに、事故で亡くなったのはドラムの音響技術を担当していたドラムテックのスコット・ジョンソンさんであったことが判明。公式ホームページで現地時間17日に「我々はみんな、友人であり仲間であるスコット・ジョンソンを失ったことに衝撃を感じています。彼は愛すべき人で、いつもポジティブで、協力的で愉快な人でした。私たちの素晴らしいクルーのメンバーとして高い技術を持ち、貴重な人材でした。彼のことをとても恋しく思います。我々の思いと愛はスコットの家族や親しい人々の元にあります」とコメントしている。

まだ、事故の原因は分かっていないが、今回のような惨事が2度と起こらないことを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング