ジェニファー・ロペス、チリの鉱山落盤事故を描いた映画に出演へ

ハリウッドニュース / 2013年6月18日 9時30分

ハリウッドで活躍するジェニファー・ロペス (c)Hollywood News

歌手・女優のジェニファー・ロペスが、映画『The 33』(原題、2014年公開予定)に出演するという。

同映画はチリで2010年に起きたコピアポ鉱山落盤事故を元に描かれている。この事故は33人の男性従業員が69日間閉じ込められ、世界的に大きなニュースとなった。そして、この映画にジェニファーが出演すると芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えている。

同映画には俳優のアントニオ・バンデラス、ロドリゴ・サントロ、マーティン・シーンらがすでに出演することになっている。監督は映画『La Misma Luna』(07)のパトリシア・リッゲンが務める。

ジェニファーの出演がたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング