トム・クルーズ、スタント歴は12歳から

ハリウッドニュース / 2012年5月18日 15時15分

幼い頃からスタント好きのトム・クルーズ (c)Hollywood News

俳優のトム・クルーズが、幼少期からスタントに興味を持ち、12歳にはバイクを手に入れていたと話している。

自身でアクションのスタントもこなす現在49歳のトムは、成人誌「プレイボーイ」に、「物心ついた頃から、バイクやレーシングカーに乗りたかったんだ。飛んだり、スタントしたりしたかったんだよ。誕生日にねだったのはいつもバイクだけだったね。12才になるまでに自分のバイクを手に入れていたんだ」と明かした。

さらに、「スピードを出すのが好きだったから衝突してばかりだった。ゴミ箱をバイクで飛び越えられるよう、自分でなんとか傾斜を作ったりしてたね」と語っている。

そんなトムではあるが、脚や鼻を折ったことがあると話しており、かなり危ないスタントも行っていたようだ。しかし、小さい頃から危険なスタントを行ってきたトムだからこそ、迫力のあるアクションシーンを演じられるのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング