ソフィア・ベルガラ、ボストンマラソンの爆発で息子が心配になってパニックに

ハリウッドニュース / 2013年4月19日 16時10分

人気女優のソフィア・ベルガラ (c)Hollywood News

女優のソフィア・ベルガラが、ボストンマラソンの爆発テロ事件が起きた時に息子のことが心配でパニックになったと明かした。

現地時間15日に、マサチューセッツ州にて行われたボストンマラソンで、ゴール付近にて2度の爆発が起き、3人が死亡、150人以上がけがをする恐ろしい事件が起きた。

事件当時、ニューオーリンズで映画の撮影中だったというソフィアは、ボストンの大学に通っている21歳の息子マノロさんがすぐに心配になったという。

ソフィアは朝の番組「Good Morning America」に出演し、「私はこの国にいるすべての人が感じたように感じたわ。信じられないことよ。なぜ? なぜこんなことが起きているの?って」と明かした。

さらに「息子はその日、彼女に会いに、ニューヨークに行くための電車に乗っていたの。だから、とても幸運だったわ。私はニューオーリンズで撮影をしていたの。だから、私は(ニュースを聞いて)すぐにおかしくなってしまったわ。すぐに息子は連絡してきたの。彼は私がおかしくなるのが分かっていたのよ」「彼は『お母さん、僕はニューヨークにいるよ』って言っていたわ。でも、信じられないことよ。心が痛むわ。彼ら(ボストンの人々)がこの恐ろしい出来事を乗り越えられることを願っているわ」と語っている。

ソフィアは愛息子の無事を本当に心配していたようだ。そんな母を理解してすぐに連絡した息子マノロさんは、きっと早くソフィアを安心させたかったのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング