ミラ・ジョヴォヴィッチ、第2子を妊娠

ハリウッドニュース / 2014年8月19日 10時0分

『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ (c)Imagecollect.

38歳の女優ミラ・ジョヴォヴィッチが現地時間18日、第2子を妊娠していることを明かした。

ミラは自身が主演を務める『バイオハザード』シリーズの監督ポール・W・S・アンダーソンと結婚しており、シリーズ最新作『Resident Evil:The Final Chapter』(原題、2016年全米公開)の撮影をスタートする予定であったが、フェイスブックで「夫のポールと私は、新たな赤ちゃんを授かったことが分かったの」と発表した。

さらに続けて、話し合いの結果、子供が生まれてから撮影を行うことがベストで、最新作の撮影が延期になったと明かしており、「南アフリカでこの映画のためにすでに一生懸命働いてくれていたみなさんに感謝し、来年の夏に一緒に働くことができるのをたのしみにしています。私たちが到着した時に、小さな新しい家族のメンバーと一緒であることを願っているわ」「次のバイオハザードシリーズの作品を我慢して待ってくれている素晴らしいファンに大きな感謝を伝えたいです」とコメントしている。

ミラとアンダーソン監督の間には2007年に娘のエヴァーちゃんが誕生している。撮影の延期は残念だが、幸せな報告となった。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング