テイラー・スウィフト、1億6900万円の返金を要求する訴えを起こされる

ハリウッドニュース / 2013年2月19日 12時25分

テイラー・スウィフト、チケット代の返金を求められる (c)Hollywood News

歌手のテイラー・スウィフトが、チケット代の返金を要求される訴えを起こされた。

テイラーは昨年8月にカナダの首都オタワで開かれる「Capital Hoedown」というカントリーミュージックの音楽祭に出演するはずだったが、その音楽祭自体がキャンセルとなった。

テイラーはそれでも250万ドル(約2億3400万円)の報酬を受け取っているのだが、チケット販売会社が180万ドル(約1億6900万円)のチケットの返金をしたので、パフォーマンスをしていないのに250万ドルを受け取ったテイラーが180万ドルの返金額を支払うべきだとしてニューヨークに訴えを起こしたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。

テイラーの代理人は、チケット販売会社と契約などはしておらず、現在のところ訴訟について詳しくは分からないとコメントしている。

テイラーにチケットの返金を支払う義務があるかは、今後の展開で分かることになるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング