ラッセル・クロウ、長編映画監督デビューへ?

ハリウッドニュース / 2013年6月19日 13時50分

ハリウッドの一流俳優のラッセル・クロウ (c)Hollywood News

俳優のラッセル・クロウが、映画『The Water Diviner』(原題、公開日未定)で長編監督デビューをするかもしれないそうだ。

同映画は1919年が舞台で、トルコのゲルボルでの激戦の後、2人の息子が行方不明になったことで、オーストラリア人の父が息子を探しにトルコに行くというストーリー。ラッセルは同映画の監督を務めること、そして出演をすることの話し合いをしていると芸能情報サイト「デッドライン」は伝えている。今年中にオーストラリアとトルコで撮影が始まるそうだ。

ラッセルは『グラディエーター』(00)でアカデミー賞主演男優賞を受賞。最近では映画『レ・ミゼラブル』(12)や『マン・オブ・スティール』(8月30日日本公開)の話題作に出演している。

ラッセルの長編監督デビューが決定することを期待したい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング