『ハンガー・ゲーム』最新作、L.A.プレミア開催で3,000人のファン大熱狂

ハリウッドニュース / 2014年11月19日 10時20分

キャスト一同が集結!『ハンガー・ゲーム』最新作L.A.プレミア TM&(C)2014 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

世界中で大ヒットした『ハンガー・ゲーム』シリーズ待望の第3弾『The Hunger Games:Mockingjay Part1』(原題、11月21日全米公開)のL.Aプレミアが、先日ロンドンで開催されたワールドプレミアに続き、現地時間17日に開催された。主演をつとめるジェニファー・ローレンスはもちろん、本作でシリーズ初参戦となる今年カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したジュリアン・ムーアら、全キャストが一同に会した超豪華プレミアイベントとなった。

シリーズ前作興収は2013年度全米No.1を記録し、過去2作品で全米8.3億ドル(約970億円)、全世界で15.58億ドル(約1822億円)を超える驚異のメガヒットを記録しているアクション超大作『ハンガー・ゲーム』シリーズ。ジェニファー・ローレンスは本シリーズで主人公カットニス役を演じたことで、「最も興行成績を上げたアクション映画のヒロイン」としてギネス世界記録に認定され、シリーズ最新作で更に数字を伸ばすことが期待されている。

それを物語るように、L.A.プレミアが開催される数日前から会場のそばにテントをはって並ぶ姿が多く見られ、徹夜組も続出。白いノースリーブのChristian Dior[クリスチャン・ディオール]のドレスに身を包んだジェニファーをはじめキャストがレッドカーペットにが登場すると、彼らを一目みようと会場に集まった3,000人のファンから大きな声援が飛び、さらに興奮のあまり、泣き出すファンもいた。

ジェニファーは本作で演じるのが大変だったシーンについて、「本作の冒頭では、故郷の第12地区が破壊されて、自分を取り巻く環境も変わってしまってカットニスは動揺を隠しきれずにいる。その部分を演じるのは大変だったわ」と語り、ジュリアン・ムーアはジェニファーとの共演について「彼女の才能はずばぬけてるわ。素晴らしい俳優で性格も明るい。ラブリーで面白くて優しい人よ」とコメント。

キャストや監督たちは一人でもファンの要望に応えようとサインや写真撮影に応じ、丁寧にファンサービスをしていた。ファンだけでなく、全世界からマスコミも200媒体詰めかけ、作品の注目度の高さが伺えるプレミアとなった。

■『The Hunger Games:Mockingjay Part1』(原題)
TM&(C)2014 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.
2015年全国ロードショー!【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング