ベン・アフレック、3歳の娘が男性器をスラングで呼んで驚き

ハリウッドニュース / 2012年8月20日 10時25分

ベン・アフレックと3歳の娘であるセラフィナちゃん (c)Hollywood News

俳優のベン・アフレックが、3歳の娘セラフィナちゃんが男性器をスラングで「ジャンク」と呼んでいてとても驚いたという。

6歳のヴァイオレットちゃんと3歳のセラフィナちゃん、そして今年の2月に生まれたばかりの男の子サミュエル君を共に育てているベンの妻で女優のジェニファー・ガーナーは、トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演し、息子ができたことについて語り始めた。

「娘たちはおむつを替えるのを手伝ってくれるわ。(ある日の)寝る前に、彼女たちは部屋を片付けていたの。それでベンが入ってきて、『みんな、ここはジャンク(がらくた)だらけだよ』って言ったの。そしたらセラが、『ママはそれをよく言うわ』って返したの。それでベンは『どういう意味?』って聞いたのよ。そうしたらセラが『ジャンクを持っているのはあなたよ、あなたのペニス!』って言ったの」と話した。

さらに続けて、「それでベンは私に『ちょっとキッチンに来てくれる?』って言って、『君は僕たちの子供にジャンクって言えって教えているのか?』って聞いたの。だから私は、『1日に何回ペニスって言える? 限界があるわ!』って言ったの。何か違う言い方しなきゃ!」と語り、会場は大爆笑であった。

家族に男の子が加わり、女の子でも呼びやすいように、ジェニファーは何か直接的な言葉ではない男性器の呼び方を考えなくてはいけなかったのだろう。3歳の娘がそんなスラングを知っていることに父親のベンは、思わず“ドキッ”としたに違いない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング