シャイア・ラブーフ、新作映画で“リアル”にセックスシーンを演じると明かす

ハリウッドニュース / 2012年8月20日 18時10分

シャイア・ラブーフ、過激なシーンに挑戦 (c)Hollywood News

俳優のシャイア・ラブーフが、映画『The Nymphomaniac』(原題、2013年公開予定)で、自身が実際にセックスをしているところを撮影すると明かした。

シャイアは性的に過激な描写の多い映画を作ることで知られるデンマークのラース・フォン・トリアー監督の最新作に出演することが決まり、テレビ番組「MTVニュース」で、「脚本の上の方に基本的に実際に(セックスを)やるって注意書きが書いてあるんだ。すべて違法だから、ぼやけた感じで撮るよ。でも、すべて実際にやってはいるんだ」と語った。

さらにトリアー監督について、「彼はとても危険さ。最も恐ろしい人の映画に出演するんだ。恐怖だね。本当に。だからやらなきゃって思うんだ。どうなるかな」と語っている。

また、同映画は性的描写が多いものと、そうでないものの両方が作られるそうで、来月から撮影がスタートする予定だ。

シャイアは今年6月に公開されたロックバンド「シガー・ロス」の「Fjogur Piano」というミュージック・ビデオで全裸を披露しており、役者魂を見せている。そんなシャイアは、トリアー監督の新作でも過激な撮影に挑戦するようだ。『トランスフォーマー』シリーズのイメージが強いシャイアではあるが、同作品で新しい姿を見せてくれるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング