ジェームズ・ギャンドルフィーニ、滞在先のイタリアで急死

ハリウッドニュース / 2013年6月20日 9時30分

ジェームズ・ギャンドルフィーニが急死 (c)Hollywood News

俳優のジェームズ・ギャンドルフィーニさんが現地時間19日、滞在先のイタリアで心臓発作のために亡くなった。51歳だった。

ジェームズさんはイタリアの映画祭「59th Taormina Film Festival」に出席するために現地入りし、今週末にイタリア人のガブリエレ・ムッチーノ監督と共にイベントに参加する予定であったが、19日に心臓発作で急死したとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。

ジェームズさんは1999年から放送されたテレビドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」で主人公を演じ、エミー賞を3回受賞。ゴールデングローブ賞なども受賞している。最近では映画『ジャッキー・コーガン』(12)や『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)に出演していた。また、ジェームズさんは前妻との間に息子が1人おり、2008年に元モデルのデボラ・リンと結婚している。

ハリウッドで活躍するジェームズさんの突然の死は人々にとって大きなショックだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング