“ああ、女神様”なボーカリスト、サラ・オレインがデビュー!

ハリウッドニュース / 2012年5月20日 12時25分

聴く者を一瞬のうちに別世界へ連れていく才女、サラ・オレイン

天性のボーカリスト、サラ・オレインが6月20日に発売されるアルバム「セレステ」でいよいよデビューする。

サラ・オレインは、オーストラリアのシドニー出身。外交官の父と音楽家の母のもと、5歳でバイオリンを始める。5歳にしてすでに音楽で生きていくことを決めていたという。

音楽に囲まれた生活の中、14歳で本格的な歌のレッスンを受ける。現在は3オクターブを超える音域で、その透明感あふれる美声を響かせている。

「女神」や「天使」といった表現をしたくなる。そんなイメージをほうふつさせる歌声は、聞く者を一瞬にして別世界へと誘ってくれる。曲によっては、歌を歌いつつ間奏にバイオリンを弾くというスタイルでパフォーマンスする。

サラはシドニー大学を主席で卒業後、2008年から交換留学生として東京大学に通っていた。英語、イタリア語、日本語に堪能な彼女は、日本語での歌・訳詞のほか、絵本の日本語翻訳などもこなしている。また、ゲーム「ゼノブレイド」のエンディングテーマ等も担当し、その世界観づくりに一役買っている。

気品とインテリジェンスを感じさせるサラの今後の活躍が楽しみだ。

●サラ・オレイン「セレステ」
2012年6月20日発売
【限定版:SHM-CD+BR】3675円(税込) UCCY-9014
【通常盤CD】2854円(税込) UCCY-1025【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング