サイモン・コーウェル、「父親になることを誇りに思う」

ハリウッドニュース / 2013年8月21日 12時30分

映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』のロンドン・プレミアに出席したサイモン・コーウェル (c)Hollywood News

オーディション番組「Xファクター」のプロデューサーで審査員のサイモン・コーウェルが、父親になることについて語った。

サイモンは今月初めに、不動産業を行う友人のアンドリュー・シルヴァーマン氏の妻であるローレンさんとの間に子供を授かったことが明らかになり、話題となった。ローレンさんは夫と離婚の話を進めていたそうで、先日離婚条件が正式に成立したという。彼女は夫との間に7歳の息子がいるため、離婚が難航していたようだ。

かなり複雑な状況ではあるが、サイモンは現地時間20日に人気グループ「ワン・ダイレクション」の3Dドキュメンタリー映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』(11月1日日本公開)の英ロンドン・プレミアで「BBC」に「今、僕の人生でいろいろなことが変わっているよ。良い方向に」「父親になることを誇りに思うよ」「僕が今まで考えなかったことだね。でも今はとても良い気分さ。彼女(ローレン)は特別な女の子さ」と語っている。

サイモンは父親になることがとてもたのしみのようだ。彼の子供が元気に生まれてくることを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング