テイラー・スウィフト、カニエ・ウェストとのあの事件をネタにジョーク

ハリウッドニュース / 2013年8月21日 14時10分

エド・シーランに手作りジャムを贈ったテイラー・スウィフト (c)Hollywood News

歌手のテイラー・スウィフトが友人である歌手のエド・シーランに手作りジャムのプレゼントをした際に、2009年に開催された「MTV・ビデオ・ミュージック・アワード」でのカニエ・ウェストの“スピーチ妨害事件”をネタにジョークを披露したことが話題になっている。

スピーチ妨害事件とは、2009年の同授賞式で最優秀女性ビデオ賞を受賞したテイラーがスピーチをしていると、とつぜんカニエがステージに上がり彼女からマイクを奪い、「テイラー、君が賞を取れて俺も嬉しいよ。(スピーチを)最後までやらせてやるけどちょっと言わせてくれ。ビヨンセはこれまでの歴史で最高のビデオの1つを作ったんだよ」と発言し、ビヨンセのほうが受賞すべきだと主張したという騒動のことである。

当時はショックで呆然として何も言えなかったテイラーだが、それから約4年が経ち、この事件についてジョークを言えるほどになっているようだ。彼女はツアー仲間である友人のエドに手作りジャムを送ったのだが、この事件をネタにしてジョークを披露したのである。エドは自身のインスタグラムにそのジャムの写真をアップしたのだが、そのジャムの缶にはテイラーの手書きで、「エド、私も嬉しいよ。最後までやらせてあげるけどちょっと言わせて。これはこれまでの歴史の中で最高のジャムなのよ」と書かれていたのだ。

ジョークを言えるほどになったテイラーだが、もしかするとまだあのショッキングな事件を忘れていないということなのかもしれない。それにしても、テイラーの手作りジャムはどんな味をしているのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング