サシャ・バロン・コーエン、アメリカから国外追放の報道を否定

ハリウッドニュース / 2012年6月21日 10時15分

話題作りの天才であるサシャ・バロン・コーエン (c)Hollywood News

『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(9月7日日本公開)に出演する俳優のサシャ・バロン・コーエンが、アメリカから国外追放される可能性があるという報道を否定した。

イギリス出身のサシャは現在ロサンゼルスで、妻である女優のアイラ・フィッシャーと2人の娘と共に住んでいる。そんなサシャが、アリゾナとカンザスに立ち入ると、国外追放される可能性があるという報道がアメリカで広まったのだ。

サシャは、イギリスの「サンデー・エクスプレス」紙に、彼の出演作『ボラット』(06)と『ブルーノ』(09)の撮影で巻き起こした騒動のせいで、アリゾナとカンザスで彼に対して逮捕状が出ており、この2つの州に足を踏み入れると逮捕されて国外追放される可能性があると語ったのである。

しかし、どうやらサシャのこの発言は、本当のことではなかったようだ。彼の代理人は、この記事で報道されていることはすべて嘘だと声明文を出したのだ。もしかすると、サシャは意図的に嘘を言って、世間を驚かせようとしたのかもしれない。お騒がせ俳優として知られる彼ならありえる話である。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング