リンジー・ローハン、リハビリ施設入所を命じられた日の夜にナイトクラブへ

ハリウッドニュース / 2013年3月21日 10時0分

ロサンゼルスの法廷で判決を受けるリンジー・ローハン (c)Hollywood News

26歳の女優リンジー・ローハンが90日間のリハビリ施設入所と30日間の社会奉仕活動を言い渡された日の夜にナイトクラブに遊びに行ったことが話題になっている。

リンジーはアメリカ時間3月18日に、保護観察中だった昨年の6月にサンタモニカで交通事故を起こした際に警察官に嘘の供述をした罪で、ロサンゼルス裁判所にて90日間のリハビリ施設入所と30日間の社会奉仕活動を言い渡されていた。

ゴシップサイト「TMZ」によると、その判決が出た日の夜に、なんとリンジーはハリウッドにあるナイトクラブである「AVナイトクラブ」に遊びに行ったというのだ。彼女は知人が運転する車の後部座席で頭から毛布をかぶり、誰にも知られないようにこっそりと同クラブに入ろうとしたのだが、パパラッチたちに正体がバレてしまい、同クラブに入ることはできなかったようである。

禁固刑を逃れた彼女が、この判決を重く受け止め、自分の行動を改めると思われていたのだが、結局彼女はなにも変わっていないのかもしれない。彼女がリハビリ施設で最初にすべきなのは、自分が問題を抱えているということを自覚することなのではないだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング