セス・マクファーレン、エミリア・クラークと破局

ハリウッドニュース / 2013年3月21日 17時0分

交際していた時のセス・マクファーレンとエミリア・クラーク (c)Hollywood News

映画『テッド』(公開中)の声優、監督、脚本を務め、第85回アカデミー賞授賞式の司会を務めたセス・マクファーレンが、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の女優エミリア・クラークと破局した。

セスとエミリアは昨年9月に行われたエミー賞授賞式のアフターパーティーで親密な様子が目撃されて、交際が発覚。しかし、2人の交際はそう長くは続かなかったようだ。

関係者はゴシップサイト「E!ニュース」に、「彼らはもう交際していません」「遠距離は大変でした。彼女は『ゲーム・オブ・スローンズ』の撮影でヨーロッパに滞在しており、彼はカリフォルニアに拠点を置いています。関係を続けることは難しかったのですよ。友人同士でいることにしました」と話している。

現在39歳のセスと25歳のエミリアは遠距離恋愛の末に破局を決意したようである。2人は今後それぞれ仕事に専念していくだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング