リアーナのツアーバスから大麻が発見される

ハリウッドニュース / 2013年3月21日 18時30分

ツアーバスから大麻が発見! リアーナ (c)Hollywood News

25歳の歌手リアーナのツアーバスが現地時間3月20日にアメリカとカナダの国境で警察による検問を受け、車内にいた男性が大麻を所持していたことが明らかになった。

「デイリーニューズ」紙によると、リアーナの10台ものツアーバスがアメリカのミシガン州デトロイトとカナダのオンタリオ州ウィンザーを結ぶアンバサダー橋を渡り、アメリカに入国しようとした際に警察による検問を受けたのだという。警察官たちがそのバスの1台から大麻の匂いがすることに気がついたことから、警察犬による全車両の捜索をした。すると、車内にいた男性が少量の大麻を所持していることが発覚し、彼は法廷への出頭を命じられたようだ。なお、リアーナはどのツアーバスにも乗車していなかったらしい。

ミュージシャンのツアーバスが検問を受け、車内からドラッグが見つかるという事件が最近になって相次いでいる。シンガーソングライターであるフィオナ・アップルのツアーバスが2012年の9月にテキサスの州境で警察による検問を受け、フィオナが大麻を所持していたことから逮捕されたことがあった。さらには、人気ラッパーのネリーが乗っていたツアーバスが2012年の10月にテキサスの同じチェックポイントで警察による検問を受け、車内からヘロインと大麻と弾丸が込められた銃が見つかったことがあった。

リアーナは自身のツイッターに大麻を吸引している姿の写真を掲載するなど、大の大麻好きだと知られている。はたして、今回大麻所持をしていたことが発覚した男性はリアーナのためにそれを持っていたのか? それとも彼自身の使用のためだったのだろうか? リアーナが車内にいなかったのは彼女にとって幸運なことだったのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング