デミ・ロヴァート、いじめ撲滅キャンペーンのアンバサダーに就任

ハリウッドニュース / 2012年9月21日 15時5分

いじめ撲滅キャンペーン大使に就任した歌手のデミ・ロヴァート (c)Hollywood News

ティーンから大人気の歌手のデミ・ロヴァートが、女性用デオドラントのブランド「シークレット」が展開するいじめ撲滅キャンペーン「ミーン・スティンクス」のアンバサダーに就任した。

現在20歳のデミは「ピープル」誌に、「私が中学生の時はとてもタフな時間を過ごしたわ。周りが“デミのことを嫌いな人”と題して、いろんな人にその紙を回して私のことが嫌いな人はその紙にサインしてたわ。それに周りで私のCDをバッシングするデモもやっていたのよ。彼らは私の家の前のストリートに立って野次を飛ばすの。その頃は私にとって、とても情緒不安定な時だったわ。それにいつもそこから逃げ出したいと思っていたわ」とコメントした。

デミはいじめが原因で摂食障害に悩まされたり、リハビリ施設に入所したりと非常に辛い十代を過ごしたが、その経験を活かして人の痛みがよく分かるようになったという。デミは、「私は昨年にこのプログラムのことを聞いたわ。そして、これはすごくいい機会になると思ったの。この団体が頑張ることによっていじめが無くなっていくと思うわ」と語った。

いじめられた経験のあるデミが同アンバサダーを務めることにより、世界中のティーンがいじめに対してより考えるきっかけになることだろう。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング