アリアナ・グランデ、ジャスティン・ビーバーのキス写真について説明

ハリウッドニュース / 2013年8月22日 16時30分

20歳の歌手のアリアナ・グランデ (c)Hollywood News

20歳の歌手のアリアナ・グランデが、歌手のジャスティン・ビーバーにキスをされている写真をアップした経緯について説明した。

先日ジャスティンのワールドツアーでオープニングアクトを務めたアリアナは、ツイッターに彼が自身のほっぺたにキスをする写真をアップし、彼のファンから大バッシングを受けて話題となった。

アリアナはそのキス写真について「MTV」のインタビューで聞かれると、「私の祖父母と一緒に(ジャスティンに)あいさつに行ったの。なぜなら私のおばあちゃんはジャスティン・ビーバーが大好きだから。それで、私は行って、私のファンが#JustinandArianaSelfie(ジャスティンとアリアナ自撮り)って(ツイッターの)トレンドを作ったと思うの。それで私は『私たちこれをやるべきよ』って言って、ジャスティンも『そうだね。写真を撮ろう』ってなったの」と話した。

続けて、「それで、私は自分の電話を出して、こうやって(自分で写真を撮るポーズをして)、笑ったの。そしたら、ジャスティンがほっぺたにキスしたの。どうしたらいいか分からなかったわ。私は部屋から出ていったの。恥ずかしくなったのよ」「それで、(ジャスティンのマネージャーの)スクーターが来て、『ジャスティンが写真を載せなきゃだめだって言っているよ』って言ったの。私は『載せないわ』って言ったわ。それでも、彼は『彼(ジャスティン)は写真を載せるべきだって言っているよ』って言ったの。それで、『できない』って言ったわ。彼がなぜだめなのか聞いたから、『だって、それによってドラマ(問題)を起こしたくないもの』って言ったの。それで、ジャスティンが私に『写真を載せて』ってツイートしたわ。だから、載せたのよ。でも、みんな『なんてことなの、ほっぺたにキス』ってなって、やめてって感じだったわ」と説明した。

アリアナはジャスティンのお願いをどうしても断ることができなくて、載せてしまったようだ。予想通りの結果となってしまい、アリアナは後悔しただろうが、この騒動がきっかけで、彼女の名がさらに広まったことは間違いないだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング