ジェームズ・フランコ、ジャスティン・ビーバーを怒らせる?

ハリウッドニュース / 2013年1月22日 12時10分

ジェームズ・フランコ、パロディービデオでジャスティン・ビーバーの真似をする (c)Hollywood News

俳優のジェームズ・フランコは、歌手であるジャスティン・ビーバーの曲「ボーイフレンド」のパロディービデオを作ったことで、ジャスティンを怒らせてしまったようだ。

ジェームズは、今月の初めに自身の公式サイト「jamesfrancotv.com」に、パロディービデオを投稿した。そのビデオでジェームズは、ジャスティンの髪型や格好を真似て、カメラ目線で同曲に口を合わせて歌っていたのだ。映画『スプリング・ブレイカーズ』(原題・日本公開未定)でジェームズと共演し、彼の恋人だと噂されている女優のアシュレイ・ベンソンもこのビデオに登場しており、その2人のノリノリな様子が話題になっていたが、現在このビデオは削除されている。

どうやらパロディーにされた本人であるジャスティンが、このビデオを気に入らなかったようなのだ。ジェームズはサンダンス映画祭で「E!オンライン」の取材に答え、「ある人間にビデオを削除しろと言われたんだ。ビーバーは僕に直接連絡をしていないけど、彼はあまりこのビデオについてハッピーではないようだね。僕は彼をバカにするつもりはなかった」と、ビデオを消した理由を語った。

もしかすると、ジャスティンは最初からジェームズのことを良く思っていないのかもしれない。ジェームズの恋人だと噂されるアシュレイは、ジャスティンの親友であるスタイリストのライアン・グッドさんと交際していたが、ジェームズと付き合うためにライアンさんを振ったと言われているのだ。

ジェームズには悪気はなかったようだが、状況的にもジャスティンにとっては笑えないビデオだったようである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング