J・J・エイブラムス監督、渦中のランス・アームストロング選手の映画製作へ

ハリウッドニュース / 2013年1月22日 14時30分

『スター・トレック』シリーズのJ・J・エイブラムス監督 (c)Hollywood News

新『スター・トレック』シリーズのJ・J・エイブラムス監督が、渦中の元自転車プロロードレース選手のランス・アームストロング氏の伝記映画を製作することが分かった。

アームストロング氏はがんを克服して、1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇する記録を持つ選手として世界に名を残したのだが、後にドーピングをしていたことが発覚し、全タイトルをはく奪された。さらに2012年には自転車競技会から永久追放処分を受けた。彼は今月15日に有名司会者のオプラ・ウィンフリーのトーク番組に出演し、ドーピングを認めたのである。

そんな彼についての「Cycle of Lies:The Fall of Lance Armstrong」(原題)という本の執筆が進められており、6月に発売予定である。そして、この本を原作にエイブラムス監督がメガホンを取ると芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えている。また、「ザ・サン」紙によると、アームストロング氏の役を俳優のマット・デイモンが演じるのではないかと言われている。

アームストロング氏を描く映画は、俳優のジェイク・ギレンホールが主役で製作されることになっていたが、ドーピングスキャンダル後に製作中止となった。

エイブラムス監督が彼の波乱の人生をどう描くか注目されるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング