ベン・アフレック、『マン・オブ・スティール』の続編でバットマン役に!

ハリウッドニュース / 2013年8月23日 13時40分

バットマンを演じることになったベン・アフレック (c)Hollywood News

俳優のベン・アフレックが、映画『マン・オブ・スティール』(8月30日日本公開)の続編でバットマン役を演じることが分かった。

スーパーマンの物語を描いた同映画の続編の製作が進められており、DCコミックのヒーローであるスーパーマンとバットマンが共演することが先月明らかになった。

そして、そのバットマン役をベンが務めることになったと発表されたのだ。米映画製作会社「ワーナー・ブラザーズ」のクリエイティブ部門の代表であるグレッグ・シルバーマン氏は表明文で、「我々はDCコミックの最も人気のスーパーヒーローには、並外れた俳優が必要だと分かっていました。ベン・アフレックは間違いなくその条件に合っています」とコメント。

さらに同映画のザック・スナイダー監督はベンがヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンとおもしろいバランスを作りだしてくれると期待しており、「彼と仕事をするのが待ていない」と明かしている。

同映画のジャパンプレミアが21日に行われ、キャストや監督が来日していた。続編は2015年に全米公開予定だ。

ベンが主演・監督を務めた映画『アルゴ』(12)は、今年2月に行われた第85回アカデミー賞で作品賞を受賞。そんな彼のバットマンに期待したい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング