ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメスに“プレ婚約指輪”を渡した?

ハリウッドニュース / 2012年2月23日 19時30分

恋人同士のセレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが、恋人でディズニーチャンネルのスターのセレーナ・ゴメスと、12日にニューヨークで少し早いバレンタインデーを過ごし、“プレ婚約指輪”を渡していたそうだ。

ジャスティンと少し早いバレンタインデーを過ごしたセレーナはその日、「今家に帰ったわ」というつぶやきと一緒に、自身のツイッターに手をにぎりあった写真を載せていたそうだ。その写真には「J」のイニシャルが入った指輪も映っており、ジャスティンがバレンタインデーのプレゼントにセレーナにあげたのではないかと言われていた。現在そのツイートはなく、削除されている。

しかし、その指輪は単なるプレゼントではなく、もっと大きな意味が込められているらしい。

関係者がゴシップ誌「OK!」に、「あれは“プレ婚約指輪”なのです。本当に」とコメント。どうやら正式な婚約指輪ではないが、婚約を前提とした意味が込められた指輪であったようだ。

さらに「彼らは結婚するには若すぎます。でも、本当に深く愛し合っているのです。2人は人生を共に過ごしたいと考えています。その指輪は彼らがずっと一緒にいるということを象徴しているのです」と語った。

ジャスティンは17歳で、セレーナは19歳とまだ若い2人ではあるが、彼らの愛はとても深いようだ。以前25歳までに結婚したいと話していたジャスティンだけに、あと何年後かに本当に2人が結婚する可能性もありそうである。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング