注目米ラッパーのアジーリア・バンクスってどんな子?

ハリウッドニュース / 2012年7月23日 19時30分

注目ラッパーのアジーリア・バンクス

アメリカ人のアジーリア・バンクスという新人ラッパーが、現在世界中で注目されている。

現在21歳のアジーリアは、先輩ラッパーのニッキー・ミナージュが通ったパフォーミングアート専門のラガーディア高校に通っていたことのある新人ラッパーで、夢に専念するために、高校は卒業していない。そんな熱い思いを持って音楽界に進出した彼女はミュージシャンのレイジー・ジェイとのコラボ曲「212」で2011年12月にデビュー。可愛いルックスを持ち、パワーのあるラップが特徴のアジーリアは、吸い込まれそうなラップで人々を魅了している。

勢いに乗ったアジーリアは、4月17日に新曲の「1991」をリリース。さらに7月11日に人魚をテーマとした19曲を収録した無料ミックステープ「Fantasea」のリリースもスタートさせた。また、アジーリアは4月1日に日本で行われた音楽祭「スプリングルーブ」に出演し、彼女のパフォーマンスは大絶賛され、「サマーソニック2012」(来月18日の大阪、19日の東京)に出演することも決まっており、日本でも活動している。

アジーリアは音楽サイト「NME」による「音楽界で最もクールな人」選ばれており、さらに英「BBC」が選ぶ音楽界の未来のスター「サウンド・オブ・2012」の15人にも選出されており、かなり期待されている。

「歌良し、パフォーマンス良し、ルックス良し」の彼女が今後世界中でどんどん活躍し、音楽界を代表する世界的なラッパーとなっていくのがたのしみだ。

●アジーリア・バンクス  「1991」 全4曲収録
iTunes Store/moraにて先行配信中【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング