ザック・エフロン、ニコール・キッドマンとのラブシーンは夢のようだった

ハリウッドニュース / 2012年4月24日 15時50分

ラブシーンを演じたザック・エフロンとニコール・キッドマン (c)Hollywood News

俳優のザック・エフロンが、映画『ザ・ペーパーボーイ』(原題、2012年公開予定)で共演者のニコール・キッドマンとラブシーンを演じたことを語っている。

同映画はマシュー・マコノヒー演じるレポーターのワードとザック演じる弟のジャックが殺人事件の調査を行うというストーリーで、まだあまり詳しいことは明らかになっていない。

ザックは朝の番組「デイブレイク」で、ニコールとのラブシーンについて「ニコールはゴージャスだよ」「夢に描いていたすべてだったよ。彼女は可愛らしい人なんだ。毎日自分をつねったよ。特にニコール・キッドマンとのラブシーンの後はね」と話した。

さらに「僕の人生の見せ場(ハイライト)だね」とコメントした。

現在24歳のザックは、自身よりも20歳年上で大物女優のニコールとラブシーンができたことにかなり喜んでいるようである。どんなラブシーンとなっているか公開がたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング