ジャスティン・ビーバー、ジムで女性にいやがらせ?

ハリウッドニュース / 2013年1月24日 12時35分

ジムで女性にいやがらせ? ジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

ジャスティン・ビーバーがアメリカ時間1月22日にノースカロライナ州にあるホテルのジムで女性に対していやがらせをした疑いを持たれている。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ノースカロライナ州のラジオ番組の司会者であるコレット・ハリントンさんがホテル「ザ・リッツ・カールトン」のジムでワークアウトに励んでいると、ジャスティンが男性2人を引き連れてジムにやって来たようだ。コレットさんは、ジャスティンにサインを求めたようだが、彼はそれを断ったという。

コレットさんがワークアウトを続けると、ジャスティンたちが彼女にいやがらせを始めたらしい。彼女は同サイトに、「私はいつも声に出してカウントしながらワークアウトをするのですが、ジャスティンたちはそんな私のやり方をバカにして真似するようになったのです。そして私が20回と言うたびに、彼らは私に『黙れ』と言うようになりました」と語った。さらにコレットさんは、彼女が目を離したすきに、ジャスティンが水の入った彼女のボトルに青色のスポーツドリンクを口から吐いて入れたと主張している。なんと彼女はそれに気がつかずに、飲んでしまったというのだ。

ジャスティンの代理人は、22日にノースカロライナでコンサートを行ったジャスティンが彼のトレーナーと共にジムに行ったことは認めたが、彼らはお互いに対してバカにするような発言をしていただけで、彼女に対してではなかったと同サイトに主張している。

コレットさんは、ジャスティンにスポーツドリンクを入れられたボトルをオークションサイト「eBay」で売りに出す予定なのだという。しかし、彼女が目を離していたなら、それがジャスティンによって入れられたかどうかはわからないはずである。もしかすると彼女が金儲けをたくらんで嘘をついたという可能性も否定できないのかもしれない。はたして、どちらが真実を言っているのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング