ジャスティン・ティンバーレイクがパパラッチに激怒

ハリウッドニュース / 2012年5月24日 10時40分

無礼なパパラッチに激怒したジャスティン・ティンバーレイク (c)Hollywood News

歌手・俳優のジャスティン・ティンバーレイクが、彼の写真を撮ろうと必死なパパラッチの“無礼な行動”に激怒した。

ジャスティンはアメリカ時間5月22日にロサンゼルスで、ビジネスパートナーであるトレース・アヤラ氏の車に乗って、ミーティングに向かっていたようだ。するとパパラッチが現れ、ジャスティンの写真を撮ろうとしたようだが、彼の写真を撮ることに失敗したという。くやしく思ったパパラッチは、アヤラ氏の車に蹴りをくわえたというのだ。

この出来事に激怒したジャスティンは自身のツイッターに、「パパラッチが僕の写真を撮れなかったから、僕の親友のトラックのドアを蹴った。彼らはなぜ写真を撮らせてもらえないか、わかっていないようだ」と書き込み、さらには、「彼は僕の1日をハチャメチャにした。ちゃんとした仕事につけよ」と続けていた。

パパラッチに対して「ちゃんとした仕事につけ」と言ったのは、ジャスティンだけではない。マイリー・サイラスは今年の3月にアグレッシブなパパラッチに激怒し、パパラッチに向かって、「ちゃんとした仕事につきなよ!」と言ったそうだ。しかし、パパラッチも、マイリーに対して、「お前もな」と言って反撃したという。

ジャスティンだけでなく、さまざまなセレブがこれまでにパパラッチへの不満を述べている。しかし彼らが世界中から注目されるセレブであるかぎり、パパラッチに追いかけられることがやむことはないだろう。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング