【ハリウッドスラング026】「xoxo」の意味は?

ハリウッドニュース / 2012年9月24日 15時0分

「xoxo」をしているジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス (c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「xoxo(ハグス・アンド・キスズ)」。アメリカ人とメールのやりとりをすると、文の最後に「xoxo」と書かれているのを見ることがあります。今回紹介するのは、「あなたに抱擁とキスを」という意味の「xoxo」です。

使用例:
サリーからのメール:It was great hanging with you today. xoxo
(あなたと過ごせて最高だったわ。あなたに抱擁とキスを)
デヴィッドからのメール:Totally. We should meet up again!
(ほんとだね。また会おうよ!)

「xoxo」はアメリカでは「エックス・オー・エックス・オー」ではなく、「Hugs and kisses(ハグス・アンド・キスズ)」と読まれます。「O」は、空を飛ぶ鳥の視点から人が抱擁をするのを見ると「O」の形をしているということから、「抱擁」という意味を持つようになりました。一方で「X」は、十字架にキスをするという慣習から、「キス」という意味になったようです。

しかし、アメリカ人の女性から「xoxo」というメールが来ても、「彼女は僕と抱擁とキスをしたいんだ!」と勘違いしてはいけませんよ。欧米人にとって抱擁とキスはあいさつのようなものであり、メールの最後に「xoxo」と書くのは必ずしも相手に好意を伝えるということではないのです。

アメリカに住む僕は女性から「xoxo」と最後に書かれたメールをもらうことが多いのですが、「自分の言葉に責任を持て! 文だけでなく実際にハグとキスをしてくれ!」と訴えたい気分になることがあります。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング