サラ・ハイランド、元恋人マット・プロコップに接近禁止命令を申請

ハリウッドニュース / 2014年9月24日 17時0分

破局前のマット・プロコップとサラ・ハイランド (c)Imagecollect.

米人気コメディードラマ「モダン・ファミリー」に出演している女優のサラ・ハイランドが、元恋人で俳優のマット・プロコップに対する接近禁止命令を申請した。

サラは2008年に映画『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』のオーディションで初めてマットに出会い、交際に発展。しかし、先月末に2人は約5年間の交際の末に破局した。

しかし、サラが申請した書類によると、マットは交際中にけんかになって彼女に暴言を吐き、首を絞めたことがあったと記されているとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。その書類でサラは「彼の握力はとても強くて、私は息ができず、話すこともできませんでした。私はとても怖くて、命を脅かされました」と主張している。また、破局する時に共演者のジュリー・ボーウェンに家に来てもらい、平和に別れようとしていたが、マットはジュリーを見ると庭に走って叫び始め、サラにライターを投げ、家を燃やすと脅したという。破局後は自殺すると脅すメッセージや留守番電話を残しているそうだ。

また、マットは8月にリハビリ施設に入所したが、現地時間21日に退所し、サラはリハビリ施設のディレクターから接近禁止命令を申請するのがベストだとアドバイスを受けたという。そして、サラはそのアドバイスを聞き、一時的な接近禁止命令を申請。マットはサラと彼女の犬に少なくとも100ヤード(約91メートル)近づくことを禁止されている。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング