元「オアシス」のギャラガー兄弟、仲直りの兆し?

ハリウッドニュース / 2012年12月25日 16時5分

リアム・ギャラガー、兄ノエルと仲直りの兆し? (c)Hollywood News

ロックバンド「オアシス」の元ボーカルであるリアム・ギャラガーが、兄で同バンドの元ギタリストのノエルについて語った。

「オアシス」は、ノエルが脱退を表明したことで、2009年に事実上解散しており、その原因はギャラガー兄弟の不仲にあると言われている。現在リアムは「オアシス」のほかのメンバーと新バンド「ビーディ・アイ」として、ノエルはソロで活動している。

「ビーディ・アイ」は今年行われたイギリスのロンドン五輪の閉会式で「オアシス」時代の曲「Wonderwall」を披露し、このパフォーマンスについて後にノエルがこの曲を演奏する時に、「とても素晴らしいトリビュートバンド(コピーバンド)」だと皮肉を言っていた。この発言に対し、リアムは「ザ・サン」紙に「(ノエルの発言は)かなりおもしろいと思ったよ」「人生はそんなことにかまっているのには短すぎるよ」とコメントした。

さらに「(閉会式で)素晴らしい夜を過ごしたし、普段会えない人にもたくさん会ったんだ。『スパイス・ガールズ』に会ったよ。良かったね」と話し、閉会式後にノエルとも鉢合わせになったことについては、「あまり話さなかったよ。僕らはうなずいて、ウィンクしたね」と語っている。

2人は鉢合わせになって険悪なムードになるどころか、ウィンクをするなどして友好的になっているようである。もしかすると、2人の間にあるわだかまりが少しずつ無くなっているということなのかもしれない。ファンにとっては「オアシス」の復活を期待できる出来事だろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング