キム・カーダシアンが元カレにケモノのような性生活を暴露される

ハリウッドニュース / 2012年2月25日 17時50分

レイ・ジェイとのセックステープが流出したキム・カーダシアン (c)Hollywood News

アメリカの人気セレブであるキム・カーダシアンが、元カレのR&B歌手レイ・ジェイが執筆した本によって、彼との奔放な性生活を暴露された。

「ライフ&スタイル」誌によると、31歳のレイ・ジェイは、彼が執筆した本「Death of a Cheating Man(浮気する男の死)」で、「KK」というイニシャルを使い、キムとの恋愛の始まりから終わりまでを正直に伝えているようだ。レイは、「僕とセックスをし始めると、すぐにKKは旦那の元から去った」と書いており、当時まだ結婚をしていたキムがレイと不倫をしていたことを明らかにしたのだ。

さらにレイは、「僕たちはまるでケモノのようだった。僕らのセクシャリティーは自由で、何にでもトライすることができたんだ。KKと僕は数年、最高のセックスライフを楽しんだ。彼女はまるで変態で、なんでも、いつでも、することができた。僕は彼女に催眠術をかけられたようだったよ」と、キムとの性生活について赤裸々に書いている。

レイがキムと別れた理由は彼女が嫉妬に狂ったからだという。レイは実際にキムに隠れて浮気をしていたようだが、彼は夫の裏で彼と不倫をしていたキムを最初から信頼しておらず、「僕は彼女を尊敬していなかった」としている。

キムは2007年にレイとのセックステープを販売したアダルト会社「ヴィヴィッド・エンターティンメント」を訴えた。そのセックステープを流出させたのはレイではないかという説も出ている。キムは、今回の暴露本が出たことによって、レイによってまったく尊敬されていないということを身にしみてわからされたのではないだろうか。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング