海外メディアも注目!「太もも広告」とは?

ハリウッドニュース / 2013年7月25日 10時45分

海外メディアも注目!「太もも広告」とは? Twitterより

東京の広告代理店が実施した「太もも」のスペースを利用した広告を、「デイリー・メール」紙が特集している。

東京のような巨大都市で人の目を集めるのは大変である。高層ビルに掲げられた広告板、眩しいほどのネオン、さらに大きなテレビスクリーンにはコマーシャルが流される。このような事情から、株式会社ウィットの渥美英紀さんは男性の注目を集められるような太ももに広告を設置することにしたのだ。

映画『テッド』(12)のプロモーションのために、約80人の女性が太ももに本作の広告シールを貼って実際に街を歩いた。
参加の条件は、18歳以上であること、ソーシャルメディアで20人以上とつながっていること、そしてミニスカートとハイソックスを着用する必要がある。このシールを貼って8時間街を歩くことで、3000円の報酬が支払われるスキームになっている。

海外メディアも注目する「太もも広告」。これを利用したプロモーションはこれから増えてくるのだろうか?【橋本 トミオ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング