デミ・ムーア、病院に運ばれたのは拒食症が原因?

ハリウッドニュース / 2012年1月26日 11時58分

体重がかなり減ってしまった? デミ・ムーア (c)Hollywood News

女優のデミ・ムーアが病院に運ばれたのは、拒食症が原因だったようだ。

デミは、23日の夜に体調を悪くし、救急隊がロサンゼルスの彼女の自宅にかけつけて病院に運ばれていた。

翌日の24日にデミの代表は「現在彼女の生活にあるストレスのせいで、デミは疲れや健康を管理してくれるプロのアシスタントを探しています」と発表していた。

さらに関係者がゴシップサイト「レーダーオンライン」に、「デミはてんかん性の発作を起こして、倒れてしまいました。デミは拒食症の治療を受けています。そのほかの問題もあって発作を引き起こしてしまったのです」と語った。続けて、「最近彼女は自分の健康にまったく気をつかっていませんでした。それでかなり体重が減ってしまったのです」と話している。

昨年の11月に俳優のアシュトン・カッチャーと離婚しており、精神的なダメージをかなり受けていたデミ。自分の体調が管理できないほどショックを受けていたのは、やはりアシュトンの女性関係も関係しているのだろうか。1日も早くデミの体調や精神状態が良くなることを願いたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング