ジェニファー・ロペス、新作映画でのストリップシーンに恋人も満足

ハリウッドニュース / 2013年1月26日 17時10分

プレミアでセクシーなボディーを見せつけるジェニファー・ロペス (c)Hollywood News

43歳の女優・歌手であるジェニファー・ロペスが新作アクション映画『PARKER/パーカー』(2月9日日本公開)でストリップをするシーンが、公開前から話題になっている。

ジェニファーは、劇中でプロの強盗に扮するジェイソン・ステイサムに盗聴器が体に着いてないかと疑われ、彼の前でストリップをするようだ。ジェニファーはアメリカ時間1月24日にラスベガスで行われた同映画のプレミアのレッドカーペットでエンタメ情報番組「エキストラ」の取材に答え、注目を集めているこのシーンについて語った。

ジェニファーは、「恋人のキャスパー・スマートはストリップのシーンを見てどういう反応をしましたか?」と聞かれると、「彼は満足してたわ。素晴らしい体だと言ってくれたの」と語っていた。彼女はこのストリップシーンのために体を鍛えていたようで、同シーンの撮影が終わった後に解放感を感じ、マクドナルドで食事をしたらしい。

同映画の共演者であるジェイソンは同番組に、「映画のストーリーとかではなくて、ジェニファーのストリップのことばかり聞かれるんだよ」と苦笑していた。もちろん、ストーリーやアクションも大事だが、多くの男性はジェニファーのストリップに期待をして映画を見に来るにちがいない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング