エヴァ・メンデス、ライアン・ゴズリングとの娘について語る

ハリウッドニュース / 2014年11月26日 10時0分

ハリウッドの注目カップルのエヴァ・メンデスとライアン・ゴズリング (c)Imagecollect.

女優のエヴァ・メンデスが、俳優のライアン・ゴズリングとの間に誕生した娘について語った。

エヴァは今年9月、恋人ライアンとの間に第1子となる娘を出産し、エスメラルダ・アマダ・ゴズリングと名付けた。

それから約2か月が経ったエヴァは、子供ができたことについて、ファッション誌「The Violet Files」に「(子育てで忙しくて)私のワイルドな夜は終わったと思ったわ。でも、最もワイルドな夜も経験しているの」「私はほかのお母さんたちのコメントセクションを読んでいるの。なぜなら、たくさんの慰めを見つけるからよ。私だけでないことを知って、ほかのお母さんたちも同じことを経験しているってことは少なくともその夜を乗り越えることができるわ」と話した。

さらに「ライアンと私は2人共、ヴィクトル・ユーゴーのノートルダム・ド・パリのキャラクターのエスメラルダが大好きで、私たちはただそれが美しい名前だと思ったわ」「アマダは私の祖母の名前なの。スペイン語で愛されているっていう意味なのよ」「すべてが彼女にとって大変なことなの。例えば、私は90年代から嘔吐していないけれど、彼女はこのインタビューが始まって2回も吐いたわ」「ライアンと私は彼女にできるだけプライバシーを与えようって決めたの。私の妊娠は最初の機会だったのよ」「私たちが好きだろうが、嫌いだろうが、プライバシーはエスメラルダにとって難しいことになるの。それって、フェアじゃないけれど、それが私たちの現実なの」と語っている。

エヴァはかなり子育てに奮闘しているようだが、娘のためにとても努力しているようだ。エスメラルダちゃんの成長がたのしみである。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング