ケイティ・ペリー、ビルボードのウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる

ハリウッドニュース / 2012年9月26日 10時25分

2012年大活躍したケイティ・ペリー (c)Hollywood News

歌手のケイティ・ペリーが、音楽誌ビルボードの“今年度の女性歌手”ウーマン・オブ・ザ・イヤー(Woman of the Year)に選ばれた。

ケイティは今年「パート・オブ・ミー」と「ワイド・アウェイク」の2枚のシングルを発売し、共に大ヒットを記録。自身のドキュメンタリー映画『ケイティ・ペリー パート・オブ・ミー3D』(9月29日日本公開)も公開され、昨年から続いていたカリフォルニア・ドリームズ・ツアーや公演で世界各地を周り、大活躍した年となった。

ビルボードの編集長のビル・ワーデ氏は、「ケイティ・ペリーはこの業界に入ってまだ5年も経っていないのです。それなのに、すでに多くのアーティストたちが人生のキャリアの中で達成したいことを達成させたのです」とコメント。

さらに「我々はビルボードのウーマン・オブ・ザ・イヤーとして彼女の素晴らしい業績と過去12か月の活躍を称えることをたのしみにしています。レコード記録を更新し、チャートではトップにランクインするほか、ユニークで斬新なスタイルを持つケイティ・ペリーは、今日のこの業界で最も素晴らしく、影響力のあるアーティストの1人だと言えるでしょう」と語っている。

ケイティは今年の11月30日にニューヨークでこの賞を受賞する予定である。世界の歌姫として大活躍したケイティは、きっと来年も多くの人々を魅了し、活躍するだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング