ジャスティン・ビーバー、「結婚するにはまだ若すぎる」

ハリウッドニュース / 2012年4月27日 11時50分

結婚するにはまだ若すぎると思っているジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが、結婚するにはまだ若すぎると話している。

現在18歳のジャスティンは、女優・歌手のセレーナ・ゴメスと交際しており、2人は今年2月に婚約したのでは?という報道も流れていた。婚約については否定している。

そんなジャスティンは、フランスの「ル・パリジャン」紙にプロポーズをする予定はあるか?と聞かれると、「ないよ。僕は若すぎる。5年か10年の間に良い相手に出会えたら、いつか婚約するよ。セレーナが良い相手じゃないっていう意味ではないからね! そんなこと言ったらセレーナに殺されちゃうよ!」と話した。

さらに「若くして、プライベートな交際ができないのは簡単なことではないよ。でも、僕はオープンな性格だからね。それが僕がしたいことだし。だから、うまくやらなきゃね」と話している。

ジャスティンの婚約も結婚もまだまだ先のようだが、セレーナととてもラブラブなだけに、このまま交際が順調に続けば彼女がビーバー夫人になる可能性も十分にあるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング