サミュエル・L・ジャクソンがモヒカンで大暴れ! ハリウッド版『オールド・ボーイ』

ハリウッドニュース / 2014年4月27日 10時0分

強烈なインパクト!『オールド・ボーイ』のサミュエル・L・ジャクソン (c)2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

日本のコミックをベースにし、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞したパク・チャヌク版『オールド・ボーイ』。スパイク・リー監督が韓国版のテーマとドラマの骨格を受け継ぎつつ、多様なディテールを大胆に塗りかえ、原作とも韓国版とも異なる結末を新たに創出したハリウッド版『オールド・ボーイ』が6月28日より日本公開となる。本作で披露されるサミュエル・L・ジャクソンの強烈なビジュアルが注目を集めている。

本作で20年間監禁された主人公ジョー(ジョシュ・ブローリン)を監視するチェイニーを演じるのが、ハリウッドで最も多忙な俳優といわれるサミュエル・L・ジャクソン。闇の監禁ビジネスを仕切り、ジョーの解放後は、真相追究を阻む重要な役どころをつとめ、さらに本編ではジョシュ・ブローリン演じるジョーからサディスティックな拷問を受けるシーンも見られるなど圧倒的な存在感を示している。

『アベンジャーズ』シリーズのニック・フューリー役で愛され、『キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー』(日本公開中)にももちろん出演。3月に公開された『ロボコップ』では強烈なヘアスタイルでのクセものぶりが話題となったが、本作でも金髪のモヒカンヘアに真っ赤なシャツというさらに奇抜な出で立ちで登場しており、予告編を見るだけですでに釘づけである。なんとこのスタイルは、サミュエル自身のアイデアで、監督のスパイク・リーもサミュエルについて最初に考えたのは「彼の髪をどうしよう?」ということだったという。

こだわりのヘア&衣装、そして、常に強烈なインパクトを観客に与えるサミュエル・L・ジャクソンの凄み溢れる怪助演も見逃せない。

■『オールド・ボーイ』
6月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー
(c)2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング