トム・クルーズ、ループツアー敢行! 日本列島1万2千人ものファンと交流

ハリウッドニュース / 2014年6月27日 2時10分

1日で大阪、福岡、東京を巡るキャンペーンを敢行したトム・クルーズ (c)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED

25日に20回目の来日を果たしたトム・クルーズが、26日に1日で大阪、福岡、東京を巡るループキャンペーンを決行した。

第一の都市大阪では、浪速の名所“道頓堀”にて、ハリウッド俳優初の大阪・道頓堀クルーズを行い、約3000人のファンに迎えられた。また第二の都市福岡では、「博多祇園山笠」の「長法被」をプレゼントされ、笑顔で羽織ったトムなど、約7000人のファンと触れ合った。
 
そして最終地である六本木ヒルズアリーナには徹夜組200人を含め、約1500人ものファンが、開場前からアリーナに詰めかけた。また、この壮大なるキャンペーンのラストを取材するべく、TV20、スチール50の総勢130人のマスコミが集結する、近年かつてないトム・クルーズ主演の超大作に相応しい大プレミアイベントとなった。

トムの登場を待ちきれない熱いファンから、「トーム!トーム!」の大声援が贈られると、ファイアー、そしてスモーク演出の中、アリーナの舞台にトム・クルーズとダグ・ライマン監督、アーウィン・ストフ プロデューサーが姿を現した。その瞬間、集まったファンの興奮が一気に上昇し、大歓声と拍手が沸き起こった。    
トムが集まったファンに一言「アイラブユー!アイラブジャパン、トウキョウ!」と挨拶すると、更に大きな声援が送られ、マスコミのフラッシュが一斉にたかれた。そして「いつも歓迎してくれてありがとう、興奮で胸が潰れそうです。皆さんに一生懸命作ったこの作品を早く観てもらいたいです」と本作にかけた想いを口にした。

そしてイベントのラスト、来る7月3日がトムの誕生日であることから、集まったファンから「ハッピバースデー」の大合唱がトムに贈られた。このサプライズに流石のトム・クルーズも驚いたらしく、「ありがとう!今年初めてのバースデープレゼントです」と声を震わせながら改めて日本のファンに感謝の意を表した。

その後のレッド・カーペットセレモニーでは、多くのマスコミからの質問に紳士に答えつつ、集まった1500人ものファン達に丁寧にファンサービスをするトム・クルーズ。キャンペーンの強行軍を完徹し、サイン、写真、握手、そして抱擁にまで笑顔で応えるトムの姿に、ファン、そしてマスコミからも感嘆の声が上がった。その時間なんと前代未聞の1時間45分。この日「トム―!!」の掛け声が、いつまでも六本木の夜にこだました。

■『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
2014年7月4日(金) 2D/3D/IMAX同時公開
(c)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング