キム・カーダシアンの弟、冗談が通じずに警察に身柄を拘束される

ハリウッドニュース / 2012年3月27日 16時45分

警察に身柄を拘束されてしまったロブ・カーダシアン (c)Hollywood News

キム・カーダシアンの25歳の弟であるロブ・カーダシアンがアメリカ時間3月25日にマイアミで、パパラッチに対して冗談である行動に出たところ、それが誤解され、警察に身柄を拘束されてしまった。

ロブがマイアミの街で友達と共に遊んでいると、道を挟んだところでパパラッチが彼の写真を撮っていることに気がついたという。ロブはそのパパラッチに向かってとつぜん全力疾走したら面白いと考えたのだが、パパラッチは全力で走って来るロブに殺されると思い、助けを求めてタバコ屋さんに入っていった。

ゴシップサイト「TMZ」が公開したビデオでは、そのタバコ屋で、パパラッチが恐怖にひきつった声で「俺に近づくな! 彼が俺を殺そうとしている!」と叫んでおり、ロブは店の奥まで彼を追っていた。すると、偶然そこに居合わせた警察がロブに対して、「お前は何をやっているんだ?」と叫び、彼に手錠をかけて拘束したのだ。

ロブはその後、警察に冗談だったということを説明し、おとがめなしで釈放されたという。どうやら今回のパパラッチは、よほどロブのことが怖かったようである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング