ミック・ジャガー、自殺した恋人の9億円以上の遺産を相続へ

ハリウッドニュース / 2014年3月27日 13時0分

昨年11月のミック・ジャガーとローレン・スコットさん (c)Imagecollect.

イギリスのバンド「ローリング・ストーンズ」のボーカルであるミック・ジャガーが、現地時間17日に自殺した恋人でファッションデザイナーのローレン・スコットさんの遺産を相続することが分かった。

2001年からミックと交際していた49歳のローレンさんが、17日にニューヨークのアパートで首を吊って亡くなっているのが発見された。ミックはその翌日、「まだ僕の恋人であり親友の彼女がどうしてこのような悲しい方法で命を終わらせることになってしまったのか理解するのと闘っています」「僕は彼女を忘れません」と悲痛なコメントを出していた。

そして、「ニューヨーク・ポスト」紙はローレンさんの遺書によると、彼女の800万ドル(約8億1600万円)のコンドミニアム(アパート)を含むおよそ900万ドル(約9億1800万円)の遺産はすべてミックに相続されると伝えている。ローレンさんは遺書にジュエリー、服、家具、自動車、そのほかの財産をすべてミックに渡すと記述しており、「私は残りの財産をマイケル・フィリップ・ジャガーに与えます」と綴っている。彼女は兄と姉がいるが、その2人には財産を残すことはなかったようだ。

また、ローレンさんは「I have never been married. I have no children(私は結婚を一度もしていません。子供もいません)」と綴ったあとに、「never」を線を引いて消して、「私は結婚していました」という意味になるように記している。

ローレンさんの葬儀は現地時間23日にロサンゼルスで行われ、ミックや彼の子供、ローレンさんの兄や女優のニコール・キッドマンらが参列していたという。

ローレンさんは愛するミックにすべてを残したかったようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング