ダニエル・ラドクリフ、ハリー・ポッターと呼ばれなくてうれしい

ハリウッドニュース / 2012年11月27日 9時5分

ハリー・ポッターを長年演じてきたダニエル・ラドクリフ (c)Hollywood News

『ハリー・ポッター』シリーズに出演したダニエル・ラドクリフは、自身が役柄のハリー・ポッターと呼ばれないことに喜びを感じている。

23歳のダニエルは10年という間、大人気シリーズで魔法使いのハリー・ポッターを演じてきたため、世界中の人がそのイメージを持っている。

そんな彼は芸能情報誌「セブン」に、「(今まで)ハリー・ポッターって呼ばれなかったって言ったら嘘になるよ。でもね、ダニエル・ラドクリフって言われた方がうれしいよ。そっちの方がラブリーだね」と語った。

さらに「以前2人の女の子の前を横切ったんだ。それで2人が『オーマイゴッド。ダニエル・ラドクリフよ』って言ったのを聞いたよ。そう言われるたびに僕は『やった!』って思うんだ。彼らが僕に気づいてくれたからってわけではないよ。僕の名前を言ってくれたからなんだ」と話している。

昨年同シリーズの映画は完結し、ダニエルはハリー役から卒業した。彼は現在、ほかの作品に出演し、俳優としてのキャリアを積んでいる。きっとシリーズのファンにとって彼は永遠にハリーであるが、人々は役柄としてではない、ダニエルという人として見始めているのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング